古賀敦子

Atsuko Koga

Flötistin

マグデブルグフィルハーモニー交響楽団で働き始めて、その合間に自 分のリサイタルをする時、「ピアニスト」が居ない不自由さがありました 。学生時代は周りに優秀なピアニストが多くて助けられてましたから ね。最初は南のミュンヘンから北のマグデブルグやベルリンにわざわざ 来てもらったりしてました。でも、やっぱり大変。

そんな時、ふとした事からカールスルーへ音大の講師で、マグデブルグ のテレマンコンセルヴァトワールでも教えてるザーネ ストラディナさんを 紹介されました。同年代のやる気に満ちたピアニスト!しかも凄い 実力者!すぐに一緒に活動始め、翌年来日も決まりました。

ところが!この来日、ザーネが日本に着く日まで私は他でリサイタル してて迎えに行けない。しかも前日の「金沢公演」を、『カナガワ』と 聞き違えてた私の馬鹿さ加減。神奈川ならすぐ成田まで行ける、と 勘違いしてた私は、急遽ザーネを東京から日本人の方に新幹線に 乗り込ませてもらい、京都から、ザーネの乗ってる新幹線に合流する 危ない計画を。そして見事にその新幹線に乗り遅れました。

もう幹内放送でドイツ語流してもらうよう頼み込むやら、それが駄目 となると、京都で彼女がいったん降りてる事を想定して京都でドイツ 語呼び出し何度もさせてもらうやら。。。結局どうしてよいのかわから ず、ザーネが目的地に着いてる事を祈って小倉へ。

真っ青になってホテルに着いたら、そこにザーネは居ました!!あ~ 良かった~!!!と半なきの私に、ザーネは「敦子の書いてくれてた 行き方見て、すぐわかったわよ。乗り遅れたんだな、と思った。」と、タ バコふかしながら笑顔でした。強いよ彼女は、、有難かったです。

高級日本料理店に招待され、食べ方の説明を聞くザーネ。

コンビニのおにぎりをえらく気に入って、日本滞在中おにぎり中 心の食生活でした。なんて手間のかからない人!この後、再び 一緒に来日して、私の実家に招待した時には、一人で電車に のって、デパートの立ち並ぶ中心街で一人で買い物して帰って 来る、までになりました。私でも迷うよ、あんなごちゃごちゃしたと こ!本当に本当に頭のいい人です。

本州と九州を結ぶ橋の前で。風の強い日でした。

これは来日前、冬のベルリンでのリサイタルの直前だか直後だか。丁 度お母さまもいらしてて、応援にきてくださいました。これで音楽的に 気が合って、その後の共演に繋がりました。

次の頁へ

inserted by FC2 system