古賀敦子

Atsuko Koga

Flötistin

日本で待ってる、デュオの公演の為の写真を、チェロのまいこちゃんに 撮ってもらったものと、7月1日、最後の『ドンジョバンニ』公演をしたバッ ド・ラウフシュタットでの休憩時間、カフェと中庭の様子です。

下はマグデブルグ続きの静かな村、ゾーレンでのささやかなコンサートで す。主催は彫刻家のヴォルフガング・ロスドイチャー氏。
なかなか演奏会などない、この村に氏が進んで展覧会とコンサートのコ ラボレーションを企画して皆に喜びをもたらしました。

上の写真は、夏休み直前のオケの仕事の合 間で、もうすぐ一緒に2度目の日本公演に向 かう、という合わせをしてた頃です。2012年、 ジョラと知り合って1年以上が過ぎ、その2月に はジョラは長引いてるオケの試用期間のストレ スがたたって急遽入院、という事もありました。 私は毎日、必要品を買って届けながらのお見 舞いを。自分がこんなに誰かに献身的になる なんて、音楽一筋の自分には想像できてな かった。
ジョラとは激しい喧嘩も増えたけれど、心から 喜び合う瞬間も確かに増え、わけがわからな かった運命の輪に巻き込まれる感覚から、はっ きりした意志のやり取りに変って行ったと思いま す。

ジョラとはこうやって、小さな共演を重ねることでも、信頼関係を 築いていけました。
左はゾーレンでのゲネプロの様子。下は芸術家の集いで、ロスド イチャー夫婦、
お二人ともが画家の、フランク・ボリッシュ氏、ヘルガ・ボリッシュ女史御夫婦です。
何度か絵の展覧会とのコラボ演奏させていただき、心の支えをい ただいています。
ジョラと私の簡単ではない関係も応援していただいています。

やはり夏休み近くなってきて、すっかり陽気 に。この日は屋外コンサートの後、ジョラと 妹さんのエマが用意して、チェログループの パーティをそのままその公園で行いました。
それぞれのチェリストの子供達、奥様も駆 けつけて、クリストフの持ってきてくれた携帯 テレビでサッカー観戦もし、楽しいひと時を 過ごしました。

夏休みに入って日本公演のために合わせ てる最中、それまでで最大級の喧嘩をし、 私は傷つきまくった状態のまま、一緒に飛 行機に乗り込むほどに、この傷は長引きま した。
ジョラは焦って「今日、僕が奢るから、来て 。」など、取り繕おうとしてくれたのですが、 私は混乱して、どう彼に接していいのかわ からない状態のまま日本に到着。日本公 演中も喧嘩は耐えませんでした。。。

次のページへ

inserted by FC2 system