古賀敦子

Atsuko Koga

Flötistin

左は、ミュンヘンで一番美しい処、と、私が思ってるマリエン プラッツです。パリで活躍する作曲家の鈴木理香さんが、 フルートソロの曲、「風の通」のドイツ初演に際して駆けつ けてくださいました。

「風の通」はその少し前、東京津田ホールでのリサイタルに 対して私の為に書いていただき、私は曲を最初に見たとき から、”これはいい感じ!好きだな!”と思いました。現代 曲でそう感じる事って滅多にないですよ。日本でも好評だ った「風の通」を、ミュンヘンの音大でクラスで吹いた時、そ れを偶然聴いてたある方に、「その曲を大ホールで吹いて 欲しい!」とスカウトされて、ドイツ初演の実現でした。

右のスタイリング、鈴木氏が 「風の通」の曲のイメージに 合わせて自らコーディネート してくださったものです。

鈴木氏は視覚的センスも抜 群で、曲にも視覚的イメー ジも持っているそう。

「風の通」は、鈴木氏にじっ くりどの部分にどんな想いが こめられているのか、どういう イメージなのか、伝えてもらい つつ、フルーティスティックな部 分で私も色々アドヴァイスや 希望を申し出て、仕上げに 臨みました。それは私にとっ て新鮮な喜びで、忘れられ ない思い出です。

ミュンヘンでも「風の通」は大好評!この後更にまたほかのコンサート にもスカウトされて演奏しました。後にはマグデブルグ歌劇場でも演奏 し、これも”センセーショネル!”と凄い反響。そのあと 鈴木理香氏の 新曲は短期間に2回までもマグデブルグ歌劇場で初演されました。

上はマグデブルグ歌劇場主催の、宮殿室内楽コンサート。デュオから トリオ、曲もラベルにマルティヌーにヴィラロボスと、色々な組み合わせの 演奏会で、杮落としが鈴木理香氏の、フルートとピアノの為の「遠くへ 」でした。この日が初演で、一番前の席には鈴木氏の後姿が見えま す。再びドイツに駆けつけてくださいました。「遠くへ」も大好評!私が 歌劇場で練習してる時から、オーケストラの団員が「その曲何?いい 感じね~。」と言い、是非聴いてみたいから、と、コンサートにわざわざ 来ていただいた方々も居ました。主催者も大喜び!鈴木氏の「クライ ネ オペラ ファンタジー」がマグデブルグ歌劇場依頼で2008年に初 演される流れとなりました。

コンサートが終わって皆でレストランへ。写真は鈴木氏が撮ってくれました 。ドイツの街並みは丁度、秋の紅葉が始まる、ちょっと寂しげで澄んだ空 気が綺麗でした。鈴木氏が ”パリでの生活が長くなり、日本がだんだん 遠くなってしまう。憂愁の想い。”を込めた「遠くへ」がこの季節にも溶け込 むようでした。

前には先に歩いてるピアノのザーネとチェロのマルセルの姿が見えます。

 

「遠くへ」の初演祝いに、鈴木氏とピアニストのザーネと三人でパチリ!演奏 会のあった宮殿会場にて。

次の頁へ

inserted by FC2 system