古賀敦子

Atsuko Koga

Flötistin

2012年の日本公演はフルート、チェロ、ピアノのトリオの演奏会中心に、フルートとピアノのホテルでのデュオコンサート、フルートとチェロの世界救世教コ ンサート、そしてチェロのホテルでのソロコンサート、と盛りだくさんの内容になり、すべて某氏が企画し、3人が疲れないようにも莫大な考慮を払っていただ きました。
トリオでは、また、いくつかの幼稚園公演、普段はコンサートに触れられない方々への病院でのボランティア、ピアノの宮田さんのお父様に企画していただ いたアートハウスコンサート、とそれぞれが心に残る思い出となりました。上の写真5枚はすべてスタジオ~エス~撮影です。

幼稚園公演では、びっくりするぐらい静かに聴く子供達のなかに、二人ほど、突然泣 き出す子も居ました。知らない世界に突然触れての表現法は子供によっても全然 違うのですね。下は幼稚園公演後、トーマス汽車と戯れました。

思いがけない再会をしたMちゃんと。
日本公演の一ヶ月の間、Mちゃんはすべての企画を支えつつ、私の精神もずっと ずっと支えてくれていました。難しいジョラとの関係、公演前の大ゲンカ、Mちゃんの ケア無しには演奏会の成功はなかったかも。
夏にじっくり話し合ったお互いの人生への疑問、希望、洞察が、今お互いの人生 を変えてくれてると感じてます。

山口でも福岡にも 駆けつけていただい た、そして一緒にグ ルメ周りもした漫画 家のうえだのぶさんと 。
スカイプが繋がってか らはなんとなく、どこ でもドアがある感覚 になってます。

この2枚はのぶさんが撮ってくれたツーショット。ジョラはいつのまにか福岡出身の私よりずっと、すべ てのお店と交通も把握して、レストラン、カフェ、すべてジョラがナビしてくれてジョラに店を紹介され る状態でした。
「僕、ジョギングしてる間に全部見つけた。」と。あちこちの美味しいお菓子を味見しながらも、ジョ ラはダイエットで公演中に10キロ痩せてホクホクしてました。

次のページへ

inserted by FC2 system